MENU

 

眠りにつく方法とグリシン

 

 

眠りにつく方法というのは色々なものが本やサイトにおいて紹介されていますよね。
しかし安眠の方法というのは、ある2つのことが最も重要視されます。
この2つのことをしっかりと満たしていなければ人というのは不眠症になってしまうことがあります。

 

眠りにつくためには体温と脳のリラックスの度合いが最も重要に関係してきます。
人は睡眠に入る時には急激に体温が低下しています。

 

この体温の低下によってオーバーヒートをして大脳の熱を低下させて、脳をクールダウンさせます。
体温が高いままの状態だと、脳の温度が下がらずに不眠症を発症する原因となってしまいます。
興奮していつまでも眠れない、という状態になるのです。

 

そして脳の状態もどのようになっているのか、ということも深く関係してきます。
脳がストレスを受けている状態というのは、自律神経の中の交感神経優位な状態になります。

 

そうなってしまうと、脳の視床下部というのは心拍数の上昇、血圧の上昇、血糖値の上昇といった指示を出すようになります。
それではとてもじゃありませんが、眠りにつくなんてことはできません。

 

そのため、眠りに入るためには、体温の低下やリラックスをするということが大切になるのです。
また、同時にグリシンを摂取するというのもおすすめですよ。
是非快適な睡眠を手に入れるための努力をしてみてください。